「まもの」の君に僕は「せんせい」と呼ばれたい (ダッシュエックス文庫)